審査

消費者金融の審査

無担保無保証で融資を行う消費者金融会社にとって、貸付の際の審査は最も重要な業務の1つです。審査を厳格にした結果折角の顧客を逃してしまうこともありますし、逆に審査を甘くした結果、融資金を焦げ付かせてしまうこともあります。

こういった審査基準については、各金融会社の規模や営業スタイルによって異なってきます。

基本的に借入審査は、本人の収入、勤続年数、現在の借入総額、借入件数、遅延履歴、過去の取引履歴、といった項目によってリスク分析をし、スコアリング評価をしていきます。

以前のように窓口で対人審査をしていた時代では、審査をする人間によって審査基準の一貫性の欠如が問題視されていましたが、現在ではすべて機械的にスコアリング方式で審査されますので、統一基準による審査が確立されているといっていいでしょう。

また、審査の際に重要視されるのは、個人信用情報機関の個人データです。個人データによって前述した「現在の借入件数」「現在の借入総額」「遅延履歴」「過去の取引履歴」などが、すべて掌握されてしまいます。

こういったデータを精査することによって、過剰融資を抑制し、多重債務者を生み出さないことにもつながっているのです。

0

審査に通らない理由

確実に審査に通るには、まず審査に通らない理由を考えておいたほうが得策でしょう。審査に通らない理由は複数ありますが、一番多いのは借り入れ件数が多い多重債務者です。

そういった多重債務者は、借金支払いのための借り入れであると疑われますので、審査はより厳格になってしまいます。

たとえ審査の際に借金を少なめに申告していても、信用情報機関のデータによってすべて判明してしまいますので、そういった虚偽の申告は控えたほうがいいでしょう。

勤務先の勤続年数はさほど重要に調べたりはしませんので、多少は長めに申告してもいいかと思います。少なくとも一年以上の勤続年数が欲しいところです。

現在の居住地が持ち家か賃貸なのかも重要な判断材料となります。説明するまでもなく持ち家のほうが審査に有利となります。しかし、賃貸で同じ場所に住んでいる方などは、毎月きちんと家賃を収めているということなので、信用度はアップします。

ネットでの申込みでは人間性などの判断は出来ませんが、窓口での申込みの場合は、人と人との対面ですので人間性なども加味されます。誠実性を出すことが大事です。よって、審査はどちらかというと窓口審査のほうは優しいのかもしれません。

審査に通ったら

上記の借入審査を通過し、融資が可能だと判断されれば、金融業者と申込者との間で金銭消費賃借契約が結ばれます。契約には必ず、金利、支払い方法、遅延損害金等が記載されていなければなりません。契約が成立した後は、指定の銀行口座にお金が振り込まれてくることになります。

また、カードローンであれば、限度額の設定されたカードが発行されてきます。消費者はこのカードを使って銀行やコンビニのATMでお金を借りることになります。

キャッシング案内所

免責事項&利用規約

サイトマップ